初診受付|炭田内科胃腸科病院 (広島県広島市西区 | 三滝駅)内科・胃腸内科・消化器内科・内視鏡内科

内科・胃腸内科
消化器内科・内視鏡内科
広島県広島市西区三篠町3丁目5-20
TEL:082-237-0532
FAX:082-237-0534

当院について

 
患者さまが豊かな生活を送るために

院長紹介

ごあいさつ

院長紹介|炭田内科胃腸科病院 (広島県広島市西区 | 三滝駅)内科・胃腸内科・消化器内科・内視鏡内科

当院は初代院長 炭田 秀男がこの地に開業し、1990年に二代目院長(現 名誉院長)炭田 正孝が現在の病院に増改築し、約70年に渡りこの地域の皆様の診療をさせて頂いております。

私の専門は消化器内科、特に食道・胃・大腸といった消化管(食事をした物が通過する部位)の疾患に対する内視鏡診断や内視鏡治療です。消化管疾患には逆流性食道炎や胃・十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎やクローン病といった慢性炎症性腸疾患、がんをはじめとした腫瘍病変など様々な病気があります。特に悪性腫瘍の発見は消化器内科医にとって重要な仕事の一つでありますので、内視鏡検査や腹部エコー検査、CT検査などを行ない、病気の早期発見・診断を積極的に行なっております。

消化管がんは早い段階で発見することが出来れば根治できる可能性が高い疾患の一つですので、治療難易度が高かったり外科手術が必要な病変で、当院での処置が困難な場合は然るべき高次機能病院へ紹介させて頂いておりますが、当院でも積極的に内視鏡検査を行ない、発見された大腸ポリープや早期大腸がん、早期胃がんに対しては可能な限り内視鏡的粘膜切除術(EMR)や内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)などで治癒切除しております。

また名誉院長は膵臓・胆のうが専門で、特に慢性膵炎や膵臓がんの診断や治療を中心に行なっております。

「お腹の調子が悪い、気になる」という患者様がいらっしゃいましたら、一度御相談下さい。

そのほかにも、風邪やアレルギー性鼻炎、生活習慣病(高血圧、糖尿病、高脂血症、高尿酸血症)など一般内科疾患の診断・治療も行なっております。「どこに相談したら良いだろう?」、「何か気になる症状がある」など、お体のことでお悩みのことがありましたら、お気軽に御相談下さい。

地域の皆様のかかりつけ医としてお役にたてるような病院をこれからも目指してまいりますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


炭田内科胃腸科病院 院長
炭田 知宜

経歴

  • 1994年3月
    広島学院高等学校 卒業
  • 2000年3月
    久留米大学医学部 卒業
  • 2000年4月~2002年3月
    広島大学病院初期研修
  • 2002年4月~2006年3月
    広島市立安佐市民病院
    消化器内科
  • 2006年4月~2011年3月
    広島大学病院
    消化器代謝内科 
  • 2011年4月~2016年3月
    広島記念病院
  • 2016年4月
    炭田内科胃腸科病院 
  • 2020年7月~
    炭田内科胃腸科病院 院長

資格

  • 日本内科学会 内科認定医/指導医
  • 日本消化器病学会専門医
  • がん治療認定機構
    がん治療認定医
  • 医学博士(Anti-stromal therapy with imatinib inhibits growth and metastasis of gastric carcinoma in an orthotopic nude mouse model;ヌードマウス同所移植モデルを用いた胃癌間質を標的とする治療法の検討)


名誉院長紹介

ごあいさつ

名誉院長 炭田 正孝